夏場の書店巡り。リーディング感触報道のシーズンですね

今日は久々に、大きめの本屋をゆっくりと散策しました。
こちらが楽しみにしているのは、各リリースオフィスが立ち向かう『夏場の文庫正当』。
最近は正当向けにお洒落な装丁に替えられる文庫本も数多く、見ているだけで楽しめます。
正当用の小パンフレットをパラパラめくっていると、古めかしい名作から最近の燈火ノベルまで載ってあり、
どれを読もうか、わくわくしてしまう。
最高峰気になっているのは、柚木麻子くんの『書店のダイアナ』。
本屋で動く女児が主役、女児同士の友情が概念、と好きなポイントゆたかで、とにかく買いたいと思います。

ふと関心をひかれて、リーディング意見記事の書き方が概念の文庫をはじめ冊買ってみました(笑)
小説の意見などを上手く記せるようになりたいな〜、という軽い気持ちで買ったのですが、
付票やペンを駆使しながら読書するなど、アダルトでも勉強になる科目で、読んでいてだいぶ楽しめました。
アダルト向けのリーディング意見記事コンクールなんてあったら、こういう小説の科目を活かして、応募してみたいなあ。ミュゼ VIO 脱毛