夕方になれば空気が涼しくなる・区分は秋ですね

夏のなごりという感じで9月下旬の数日、ネットのお天気コーナーには30℃とありました。
起床した時間帯から9時ころも夏の陽ざしと感じましたが、この夕方の空気からすれば湿度もちょうどよい爽やかで、きちんと秋の季節になっています。

気温が高めは日中のみ、陽も高くて夏らしいですが本格的な夏らしさは8月の台風で北上、この時に夏から秋にシフトした模様です。
昼時間帯の夏模様には素麺やひやむぎがいいなとか気分が向きますが、夕焼けの陽ざしにもなると秋の素材がフィットしますね。

栗ごはんというのもよいしマツタケは高級品だから、一般素材でごぼうやニンジンなどでプレーンな炊き込みごはん、サンマがこういう時によいですね。
連日の秋雨では秋の食欲という感じではなかったけれど、グルメするにもよいお天気の日がベストというもの。

2016年はもっともな天候不順状態の夏と秋でしたから、ネットのグルメ関連は物寂しい感があり、回復基調のこの月末がグルメ・ウィークになればよいな。
秋といえば「天高く馬肥ゆる秋」と言いますからね、秋の素材を満喫してこそよい晩秋や初冬になる、鯖も10月や11月がよい時期なので味噌煮でも食卓に並べてみたい。アイフル レディースローン