夏のなごりという感じで9月下旬の数日、ネットのお天気コーナーには30℃とありました。
起床した時間帯から9時ころも夏の陽ざしと感じましたが、この夕方の空気からすれば湿度もちょうどよい爽やかで、きちんと秋の季節になっています。

気温が高めは日中のみ、陽も高くて夏らしいですが本格的な夏らしさは8月の台風で北上、この時に夏から秋にシフトした模様です。
昼時間帯の夏模様には素麺やひやむぎがいいなとか気分が向きますが、夕焼けの陽ざしにもなると秋の素材がフィットしますね。

栗ごはんというのもよいしマツタケは高級品だから、一般素材でごぼうやニンジンなどでプレーンな炊き込みごはん、サンマがこういう時によいですね。
連日の秋雨では秋の食欲という感じではなかったけれど、グルメするにもよいお天気の日がベストというもの。

2016年はもっともな天候不順状態の夏と秋でしたから、ネットのグルメ関連は物寂しい感があり、回復基調のこの月末がグルメ・ウィークになればよいな。
秋といえば「天高く馬肥ゆる秋」と言いますからね、秋の素材を満喫してこそよい晩秋や初冬になる、鯖も10月や11月がよい時期なので味噌煮でも食卓に並べてみたい。アイフル レディースローン

共稼ぎで戻るのがしっかり19日数過ぎになるので帰宅後に夕食を作ると思ったように料理時間が取れない上採り入れる時間も遅くなってしまい肥えるきっかけにもなるのが不快で土日に3〜5根源常備菜を作って夕食製造をラクラクしようと思い立ち、2週ほど続けました。1週視線は食する時間も手早くなり、料理オプションを逐一洗わなくてもすむことが楽でありがたく、これからの癖にしていこう…と思っていたのですが、2週視線に「刺々しいお副食ばかり食べて掛かる」という気持ちが段々と強くなり、ようやく前週の週末は何もつくらずに前日ウィークデーを迎えました。久しぶりに帰宅後に料理。作ったのはサラダと具ですくさんお吸物とこんにゃく炒め。時間も手間も陥るのですが、帰宅復路も料理をすると潤いに凌げることが多いです。何だか週間の終わり時になるとそんなエモーションも消え去り、外食に出向くことが専らなのですが、癖にし過ぎず、自分のすばらしい循環を悪戦苦闘しながらこれからも調理をしていこうと思いました。海宝の力 薬局